2017年 08月 29日
肖像画の制作
c0053436_23282338.jpg
3号S(273×273mm)/油彩/2017

彫刻家・加藤巍山(ギザン)さんからご依頼を頂きまして、この度ギザンさんの奥さま(Aさん)をモデルに作品を制作しました。

肖像画は一般的に、「作品全体としての雰囲気」や「足し算・引き算的な造形」等の制作者側のイメージコントロールよりも、「似せる」という要素がかなり重要になることがあります。作品としての着地点がご依頼者様側の感覚によることの難しさもありまして、誠に恐縮ながら普段はご依頼を受けていないのですが、今回は特別なご縁ということもあり挑戦させていただきました。

ギザンさんとは住まいが近いこともありまして、お互いの家族が集まって一緒に食事をするなど、家族ぐるみのお付き合いをさせていただいています。なのでAさんとも度々会う仲です。


今回の作品では衣装や飾りなどはご本人の希望に添うスタイルで、また、作品のサイズについても何度か意見交換をしてから制作に入りました。通常の作品では僕一人の独断で作品を進めているので、いつもとは違い新鮮でした。

c0053436_03482481.jpg
こちらは額装写真です。

木の素材の雰囲気をそのまま活かした額縁を額装家さんに作ってもらいました。


先日、加藤巍山さんのインタビュー記事がJapan Business Pressのサイトに掲載されました。大変興味深い記事です。会員登録が必要なサイトですが最初のページは無料で読むことができます。ぜひ読んでみてください。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50598
c0053436_11362494.jpg
写真:Japan Business Pressより。加藤巍山さんの木彫作品です。


ギザンさんの最新展示情報は以下です。作品2点が展示されるとのことです。
---------------------------------------------------------------------------------------
『驚異の超絶技巧!〜明治工芸から現代アートへ』 2017.9.16〜12.3 三井記念美術館
---------------------------------------------------------------------------------------
展示期間中にはギザンさんのトークイベントもあるとのこと!
10.21/14:00-15:30 アーティストトークセッション 定員50名、聴講料2000円(無料観覧券1枚付き)※詳しくは三井記念美術館へよろしくお願いいたします。


ギザンさんの作品紹介をしているブログもあります。
http://gizan.exblog.jp




by unokazu | 2017-08-29 15:55 | works




(c) Kazuhiro Uno.All rights reserved.