2018年 09月 09日
「リオンソー ルネサンス 2018」展、終了
会期中の9月2日、15時から夕方まで会場に在廊していました。写真はその日に撮影した展示風景です。

卯野作品は会場入り口のショーウィンドウでした。
c0053436_16255280.jpg
c0053436_16260648.jpg
c0053436_16240424.jpg

作家の職業について思うこと。例えば農家の方が農作物を育てる様に、あるいは漁師の方が魚を捕らえる様に‥、作家の仕事・職業というものは直視不可能な「存在」を育て・捕らえ、それに直視可能な最適な姿形を与えて出荷することである、というイメージを持っています。食物が体の一部となる様に、作品は心や精神の一部へと繋がっていく。
農家の方や漁師の方が自然の恵みを得ていることにもまた、作品作りと共通したものを感じています。(他の職業を例えに出すとその専門の方に怒られてしまうだろうか‥、すみません)

大自然の恵み、そして(人類史上唯一である)自分自身の個としての恵み。
恵みは、世界にも、どの人にも既に沢山あるのだと思っていますが、果たしてそれに気付くことができるのか、また、それに最適な姿形を与えることが出来るのか‥、そこが難しいところです。
例えば松尾芭蕉と僕が同じ100mの道を一緒に歩いたとしたら、彼はいくつの光輝く存在に気付くのだろうか、と思うことがあります。気付けるだけではなく、それに最適な姿形を与えなければならない。
ゴッホ、ワイエス、ベートーベン、夏目漱石‥。偉大な芸術家は沢山います。先日他界された(残念なニュースが耳に入りとてもショックでした‥)漫画家のさくらももこ氏の作品もとても凄いと感じます。

作品は、いくら見栄えを繕っても、込めたものは良かろうが悪かろうが滲出し、それが作品の存在の全てとなるのではないでしょうか。誤魔化しきれません。そんなことを思います。
それ故に怖いところはありますが、とても面白い仕事だと感じています。




# by unokazu | 2018-09-09 02:02 | art
2018年 08月 28日
「リオンソー ルネサンス 2018」展 出品作品

■会期 2018 8/29(水)-9/3(月)
■会場 日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊(TEL:03-3241-3311)
※(在廊は9月2日15時〜夕方くらいまでを予定しています)

ぜひお越しください。

c0053436_12432723.jpg
「雲海の下」12M(410×606mm)/油彩/2018



c0053436_12512150.jpg
いつもお世話になっている額縁工房にて。作品と額縁をセッティングしていただいた状態の写真です。

日本橋三越さんへの納品も済み、あとは展示を待つのみです!




# by unokazu | 2018-08-28 13:30 | works
2018年 08月 19日
「リオンソー ルネサンス 2018」展
c0053436_21270237.jpg「リオンソー ルネサンス 2018」展
■会期 2018 8/29(水)-9/3(月)
■会場 日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊(TEL:03-3241-3311)

47名が出品する夏の展覧会に今年も参加します!

卯野和宏は「雲海の下」と題する12号の作品を1点出品いたします。

なお、卯野作品の販売方法は抽選になるとのことです。その件、ウェブカタログにも記載がありますが、こちらの日記でも掲載いたしました。何卒ご確認ください。

↓ウェブカタログはこちらより。各出品作品と発表価格を見ることができます。
c0053436_21471655.jpg
c0053436_21554376.jpg
c0053436_21570187.jpg
実は‥卯野作品は図録制作の締め切りに作品が間に合わず、図録不掲載になっています。当初より三越さんには図録不掲載での出品をご了承いただいていましたので‥、この様な感じになっています。様々な日程が常にギリギリでして‥、ご理解いただける皆様方には感謝しております。そして申し訳ないです。作品は完成次第、画像を三越さんへ提出するつもりです。

作品に関してはもちろん全力を尽くします。


この夏いかがお過ごしでしょうか。
僕は自宅で独り黙々と猛烈に制作を続けています。リオンソー出品作品12号は95%ほど、完成まであと少し!!(別件で同時に少し大きな作品にも筆を入れていますが、こちら90%の進行具合)
アトリエではドタバタです。妻と子供二人は、妻の実家に帰省中。毎日楽しそうな写真が送られてきますが‥、子供達の思い出に僕は居ない(涙)。

毎年のお盆、飲み会に誘ってくれる地元の友達たちもありがとう。毎年こんな感じで帰省できず。。




# by unokazu | 2018-08-19 01:04 | art
2018年 08月 10日
暑気払い


c0053436_14490425.jpg彫刻家・加藤巍山(ギザン)さんの旗振りにより、様々なジャンルで活躍している美術家達の集いが実現しました。
特に手仕事を主とする作家は内に篭って黙々と作品と向き合う傾向があるので、仕事柄、人と会う機会は比較的に少ないのではないかと思われます。僕も独身時代は一週間以上誰とも喋らない‥ということが度々ありました(わずかに喋るのはコンビニの店員さんくらい、とか。画商さんから進捗状況の電話が来るだけ、とか)。この様な暮らしを続けていると知らず知らずに外側へ意識を向けることがだんだんと鈍く重くなってきてしまうんですよね‥。
美術の仕事をしている方々の話で「あえて講師の仕事をすることで外部との接触を保つ様にバランスを取っている」という考え方も度々聞きます。
ギザンさんは彫刻家であり仏師でもありますが、仏教を通した多くの方々との交流もある様で、人とのご縁を大切にし、またそれをとても楽しみにされている印象があります。外側へ意識を向けることが自然体なギザンさんならではの交流会だったかもしれません。

僕はたまたまギザンさんと自宅が近いこともあり以前から頻繁に交流を持たせていただいております。この集いは10数年以上のキャリアがある30代40代の中堅作家が多く、中には世界的に活躍されている方も居たりで、面白い話も色々聞くことができました。大変刺激になりました。(ギザンさんありがとうございました!)



参加メンバー
浅香 弘能(現代美術・石彫)/上原 万征(根付)/ 内田すずめ(絵画)
卯野 和宏(絵画)/ 加藤 巍山(仏師)/ 金巻 芳俊(彫刻)
上路 市剛(現代美術)/ 川崎 晶平(刀匠)/ 木村 佳代子(絵画)
木村 了子(絵画)/ 齊藤 秀樹(彫刻)/ 諏訪 敦(絵画)
高橋賢悟(現代美術・鋳金)/ 田口由花(絵画)/ 富山 隆太(ウェブデザイン)
増田 敏也(現代美術・陶芸)/ 満田 晴穂(自在置物)/ 森 天飛(絵画)
※敬称略
c0053436_14492769.jpeg
※諏訪敦さん(武蔵野美術大学教授)の話を皆んなで熱心に聞いているところです。
(写真:増田さんのツイッターより)



c0053436_14492287.jpeg
最後は皆んなで集合写真。
気をつけなければならないのが「凄い活躍をしている方に会うことで、自分自身が一瞬で同様になれる訳ではない」ということ。
アトリエに戻れば描きかけの作品は変わらずに未完成のままです。一筆一筆積み重ねて先に進めるのは自分。

大いなる可能性を知ることができたことに感謝しつつ、意識を高め広げ、力強く進んでいきたいと思います。




# by unokazu | 2018-08-10 21:57 | art
2018年 07月 05日
展示終了しました。
東京会場の春風洞画廊、大阪会場の阪急うめだ本店の2会場を巡回した「安彦文平・卯野和宏 油彩画二人展」は会期終了いたしました。お越しくださった皆様誠にありがとうございました。

※春風洞画廊より(会期:5月31日〜6月9日)
c0053436_17161660.jpg


c0053436_17095961.jpg

※阪急うめだ本店より(会期:6月20日〜26日)
c0053436_17405475.jpg
c0053436_17480799.jpg

※阪急うめだ本店にて、ギャラリートーク(6月23日14時より)
c0053436_17550367.jpg
c0053436_17551272.jpg
ギャラリートークの数日前に大阪で大きな地震がありました。水道やガスなどのインフラがまだ復旧していないエリアもあったそうです。安彦さんは東日本大震災を宮城県内で体験したこともあり、イベントの冒頭にその話にも触れていました。
イベントでは、それぞれの絵画のスタイルについて、勉強してきたこと、影響を受けた画家などの話をしました。約1時間のトークショーでしたが、最後の質疑応答の際には積極的に質問をしてくださった方が多かったのでとても嬉しかったです。こうした交流の機会が皆様と作品とをつなぐ良い橋渡しになれば‥幸いです。
地震のこともあり大変な最中ではありましたが、ご来場ならびにお集まりいただきました皆様誠にありがとうございました。




「蒼茫」6S(410×410mm)/油彩/2018 ※額装写真
c0053436_00215873.jpg

「黄色の陶器」SMS(227×227mm)/油彩/2018 ※額装写真
c0053436_00311295.jpg




# by unokazu | 2018-07-05 15:57 | works
2018年 05月 30日
二人展のお知らせ
安彦文平・卯野和宏 油彩画二人展

■5月31日(木)〜6月9日(土)※会期中無休です
・平日10時〜18時半・土日10時〜17時
■会場:春風洞画廊(東京都中央区日本橋3-8-10)

卯野和宏は新作11点の出品です。

在廊日は以下になります。
卯野
5月31日(木)13時〜
6月1日(金)13時〜

安彦さん
6月1日(金)午後〜
6月2日(土)午後〜

c0053436_00394849.jpg
c0053436_00394416.jpg
なお、この展覧会は阪急うめだ本店へと巡回します。
■6月20日(水)〜26日(火)
■会場:阪急うめだ本店(大阪府大阪市北区角田町8-7)
■6月23日14時より、安彦さんと卯野によるトークショーを予定しております。
大阪会場での在廊日は両者ともに23日午後からのみになります。

以上どうぞよろしくお願いいたします。




# by unokazu | 2018-05-30 00:55 | art
2018年 05月 08日
創と造2018
c0053436_18553191.jpg日本画、洋画、工芸、約130名による新作巡回展が今年も始まっています。

東京会場4月展と京都展は終了しています。ご覧くださった皆様方、誠にありがとうございました。展示はまだまだ続きます。

これからの巡回先は以下になります。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。どうぞよろしくお願いいたします。

c0053436_18541502.jpg


「創と造2018」展に出品している作品です。
c0053436_18424762.jpg
「蒼茫」15F(652×530mm)/油彩/2018


額装の写真は京都会場より。
c0053436_18480758.jpg
額縁は額装家の方と話し合いながら決めたデザインです。




# by unokazu | 2018-05-08 19:10 | works


    


(c) Kazuhiro Uno.All rights reserved.