2009年 08月 10日
フィレンツェの街をぐるり
ドゥオーモを上った後、メディチ家礼拝堂へ。中は修復中で足場が組んであったり、あるべき彫刻もどこかへ移動されて無かったり。残念!
c0053436_21545493.jpg
ミケランジェロによる「ロレンツォの墓」「ジュリアーノの墓」は良かった。石膏デッサンで見かけるジュリアーノ・メディチですね、画像の真ん中の人。(館内撮影不可の為ネットの拾い物)
c0053436_21533324.jpg
昼、前日夜に食事した先輩とサンタ・マリア・ノヴェッラ教会で待ち合わせ、ぐるりとフィレンツェを案内して頂きました。観光雑誌には載っていない様なマニアックな教会を幾つかまわった。マニアックとはいえ、教会の絵などは大学の授業で見た物ばかり。イタリアとはほど遠いアジアの片隅の、大学でみた数々の作品スライド…この地にこうして現実的に普通に散らばっていたとは。


バスで丘を上りミケランジェロ広場へ。
c0053436_2222542.jpg
さらに坂を上へ歩いて行くと、サン・ミニアート・アル・モンテ教会へ。教会敷地からみた風景。フィレンツェの街が一望できます。
c0053436_22212372.jpg
教会の中は薄暗くひっそりとしていました。設計は13世紀に建造されたロマネスク様式のものとのこと。

しばらく教会で一息つき、バスで再び街中心部へ向かい、この日は駅近くで先輩と別れた。
いろんなものが見れて楽しかったです。本当に感謝です。

いろいろ見てると、誰が何をいつ作ったなど、人物相関図や時系列関係がごちゃごちゃになってきて一度整理してみないと若干混乱してしまいます、僕は。
しかし面白い!
もの凄い量と質と人と…本当にいろんな人が色んな物を残したんだな、と現実を目の前に感慨深い。刺激的な街です。

by unokazu | 2009-08-10 23:16 | art




(c) Kazuhiro Uno.All rights reserved.