2012年 08月 27日
さよなら窯工部室
ムサビ時代に所属していた窯工研究会の部室が、今秋取り壊しになります。
ムサビの離れ、隠れが的なこの敷地。
話によると、区画整理によりこの土地の上には道路が通ることになったそうです。部室、裏の薪窯、もろもろこの一帯は消えてなくなります。部室は学内へ移転となりますが、その規模は、かなりの縮小をまぬがれないとのこと。

後輩の代が発起人となり大OB会として「部室さようなら!」の会がひらかれました。

久しぶりに訪れた部室、そこから見渡す景色には以前の面影はありませんでした。窯工部のお隣さんだった弓道部は既に潰されています。部室周辺の畑だった場所には奇麗な住宅が建ち並び、辺りは新しい景観に生まれ変わる一歩手前。残すは窯工部の敷地のみ、といった感じです。

寂しいですね…。


楽しい時間を本当にありがとう。
c0053436_1458108.jpg
c0053436_994890.jpg
c0053436_9162652.jpg
c0053436_14402343.jpg
c0053436_14525595.jpg
c0053436_1455233.jpg
c0053436_14535724.jpg


by unokazu | 2012-08-27 09:24




(c) Kazuhiro Uno.All rights reserved.