2013年 05月 16日
箱猫2
c0053436_7291493.jpg
あの日からずっと愛用して手放さず。この絶妙な狭さがたまらないのだろうか。勝手に捨てるととても可哀想なので、段ボール箱は床に転がしたままの状態です。この子はカサカサした紙も好きなので、包装紙を箱に入れてあげたらなおのこと喜んでくれました。
前回よりも寝方が上達しています。

by unokazu | 2013-05-16 07:45 | notes




(c) Kazuhiro Uno.All rights reserved.