2018年 03月 02日
書籍出版のご紹介
c0053436_02132116.jpg
2017年8月4日の日記で書いた話の続きです。)

昨年から度々日記でもご紹介していましたが、この度マール社さんのご依頼により執筆していた著書がいよいよ発売間近となり、予約販売がスタートしました。ぜひお手にとってご覧いただきたいです。

著者: 卯野和宏
単行本: 128ページ
出版社: マール社
発売日: 2018/3/28
商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 1 cm


↓マール社のウェブサイトからお求めになれます。

↓Amazonからもお求めになれます。

出版社さん側の企画(書籍のコンセプト、表題、紙面構成など)をもとに、鉛筆画2点の制作、及び執筆をさせていただきました。
デッサンの技術をまとめた書籍は多数ありますが、その技術でどこへ向かうのかを紹介している書籍はほとんど見かけません。どこへ向かい、どの様な表現をするのかは各自に任される部分が大きいので書籍としてまとめるのがとても難しいのだと思われます。質感を出すテクニックや立体的に描くテクニックの様な明確な答えだけをまとめた書籍ではなく、技術の紹介とともに一作家の思考が多数まとめられた珍しい書籍です。本書は鉛筆画がメインとなっていますが、巻末の方にて油彩画14点(2点未発表の新作)の掲載もあります。

絵画教室等にてデッサンの技術を磨いている方が、次なるステップとして市展、県展、公募展などに挑戦してみたいと思うことは多いのではないでしょうか。技術の発表としてではなく、表現として作品を発表するためのアプローチの一例として、本書を参考にしていただけましたら幸いです。


以下の画像は、マール社のウェブサイト及びAmazonにてサンプルページとして掲載されています。(※Amazonのサイトですと、少し大きな画像が掲載されているので文章を読むことができます。)
c0053436_02110779.jpg
c0053436_02095162.jpg
c0053436_02374238.jpg
c0053436_02391465.jpg
c0053436_02404327.jpg
c0053436_02425628.jpg


by unokazu | 2018-03-02 18:11 | media




(c) Kazuhiro Uno.All rights reserved.