2020年 02月 01日
鶴の来る町ミュージアム一周年イベント
◆2020年1月26日
鶴の来る町ミュージアム( 〒899-0435 鹿児島県出水市荘329番地1)
TEL:0996-79-3977
・司会進行・・・佐々井智子さん(ギャラリーアートもりもと)
・作家・・・木原和敏、福井欧夏、卯野和宏、伊勢田理沙、藤井佳奈(※敬称略)
鶴の来る町ミュージアム一周年イベント_c0053436_17530264.jpg
鶴の来る町ミュージアム一周年イベント_c0053436_17460434.jpg
ご来場くださった皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。
トークは約1時間ほどでした。作家5人でのトークなので一人10分ちょっとくらいだったでしょうか。自身の方向性や価値観などについて、わずかな時間ではありましたがそれぞれの言葉でそれぞれにお話しした内容でした。イベント最後の質問タイムでは、「素晴らしい美術館なので多くの方々にもっと知れ渡って欲しい」といったご意見もあり、収蔵していただいている一作家としてとても嬉しく感じました。


鶴の来る町ミュージアム一周年イベント_c0053436_18125140.jpg
鶴の来る町ミュージアム一周年イベント_c0053436_18412978.jpg
トークイベント後はご来場いただいた方々に向け、ポストカードにサインを入れさせていただきました。


鶴の来る町ミュージアムは写実的な絵画を中心にコレクションされていますが、一様な細密描写作品が並んでいるのではなく、表現には幅があり観ていて面白いです。作家によっては若い時代から現在まで数十年の差がある作品が隣同士に並んでいたりもします。作家自身の年齢による変遷を楽しむことができるのもとても興味深いです。
鶴の来る町ミュージアム一周年イベント_c0053436_18264420.jpg
鶴の来る町ミュージアム一周年イベント_c0053436_18472302.jpg
鹿児島県出水市は渡来して来る鶴が有名とのこと。田んぼにいた鶴の大きさと多さにはとても驚きました。出水市は自然が美しく空間が広大でとても気持ちが良かったです。トークイベントの翌日はとても風が強く、午前中は飛行機が欠航になるなどの波乱もありました。写真だと分かりづらいですが、山を撮影している写真ではお互いの声が聞き取りにくいほどの強烈な風が吹いていました。僕らが乗る帰りの飛行機は午後でしたが、何とか飛んでくれることになりスケジュール通りに離陸しましたが、大きな揺れの連続で内心ハラハラな帰路ではありました。


とにかく、あっという間の充実した楽しい2日間でした。また鹿児島まで観に行きたいです。




by unokazu | 2020-02-01 15:03 | art




(c) Kazuhiro Uno.All rights reserved.