2013年 10月 27日 ( 1 )

2013年 10月 27日
伊澤くんの個展へ
c0053436_0102489.jpg日頃お世話になっている、美術ライターの斉藤さんのFacebook記事を見て知った伊澤達史くんの個展。

さっそく、在廊予定の最終日に行ってきました。

伊澤くんに会うのは、もう10年ぶり?だろうか。彼と僕はムサビ時代の同級生。彼は現代美術系のクラスで僕は具象絵画系のクラス。思い返せば、ジャンルの違う同級生との交流は薄かったが、彼とは良く話をしました。
現代系としては珍しく、人物を生で見て描く作家で(当時の学内ではそんな印象がある)、ひととき同じアトリエで一緒にモデルさんを描いていた。当時「自然光の素晴らしさ」について彼から色々話を聞いた覚えがあります。

画廊を訪れて、伊澤くんも驚いていたように見えたけど、覚えててくれて良かった。またまだ僕らお互い変らず。会えて良かった。

実直で、地に足着いた作品との接し方。僕にはそう見えた。在学中はモノクロの作品を作っていたが、卒業後は東京を離れ、故郷の風景をモチーフに有色の作品を発表しているとのこと。

ただただ澄んでいる。そう見えた。考えさせられました。雑味を感じないこの清々しさ。

個展は終っています。すみません。
僕もまた次回を楽しみにしたいと思います。


(↓※ガラスに僕が映り込んでいます)
c0053436_0105641.jpg

(↓写真:藤屋画廊より)c0053436_0104286.jpg

by unokazu | 2013-10-27 02:11 | art


    


(c) Kazuhiro Uno.All rights reserved.