2015年 08月 27日 ( 1 )

2015年 08月 27日
東京から大阪へ
<写真:展示図録より>
c0053436_15194211.jpg先日、画家の福井欧夏さんと一緒に、大阪にて開催されていた生島浩さんの個展を観に行ってきました。
展示は制作途中の作品が多かったものの(ご本人は気にしてましたが)、素晴らしかったです。鑑賞者として感動し、また描き手としても学ぶべきことが多く感動しました。
関西在住の作家さん達も集まり、夜は生島さんを囲んで皆で食事を楽しみました。刺激になる話が沢山出来て嬉しかったです。遅くに解散となったものの、その夜は同世代3人と結局朝まで美術談義を交わしました(笑)…。


翌日、兵庫県立美術館の舟越桂 展へ向かいました。こちらも当初より見たかった展示です。
c0053436_173164.jpg
見た目の美しさや技術力の凄さはもちろんですが、何より作品全体から「もう一つの世界」を感じるところがとても好きです。武蔵野美術大学時代に舟越さんの「モノ作りとはなんぞや」といった内容の特別講義を受けたことがあるのですが、その時の話が今でも印象に残っています。
舟越桂展とても良かったです。



兵庫県立美術館がある灘駅からほど近い三ノ宮駅に設置されている看板を見に行きました。
今回一緒に同行させて頂いた福井さんの作品が、なんと、パルモア病院という産婦人科の看板に使われています。妊娠中の奥さんがモデルとなった作品を病院がコレクションしたそうです。
美術と社会との素晴らしい関わり方だと思います。院内にもいずれ展示されるそうです。

<写真:看板を指差す福井さん>
c0053436_17264392.jpg

大阪滞在は駆け足であっという間に終わってしまいましたが、濃厚な時間でした。福井さんお疲れさまでした、ありがとうございました。行き帰りの新幹線の中でもずっと美術談義を交わしていましたが、移動中の時間も贅沢な時間でした。
また、今回も画家の大路誠さんにいろいろとお世話になりました。お忙しい所本当にありがとうございました。

by unokazu | 2015-08-27 11:42 | art


    


(c) Kazuhiro Uno.All rights reserved.