<   2016年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2016年 08月 26日
空に舞う
日本橋三越の個展に出品していた作品です。

「空に舞う」/2016年制作/12号M(60.6×41cm)/油彩
"Drifting in the Sky", Oil
c0053436_2312427.jpg


※作品細部
c0053436_2313681.jpg


※額装写真
c0053436_242508.jpg


※スタジオにて。作品撮影の様子です。
c0053436_11101516.jpg





by unokazu | 2016-08-26 12:21 | works
2016年 08月 20日
彫刻談義
彫刻家・松田光司さんのご自宅を訪問しました。
松田さんは布を纏った女性をモチーフに作品を発表している他、プロ野球殿堂入り表彰者のレリーフなども長年にわたって制作している作家さんです。
松田さんの日記

写真左から彫刻家・加藤巍山さん、松田光司さん、歌手・秋川雅史さん、卯野和宏
(写真:松田さんのfacebookより)fb
c0053436_032775.jpg
秋川さんは歌手活動の他に彫刻の活動もされています。今回は絵描きである僕だけが専門外でしたが、お声をかけていただきましてご一緒させてもらいました。アトリエでは松田さんの作りかけの作品やエスキース帳を見ることができて感動しました。制作の現場というのはなかなか見られるもんじゃないので貴重です。
素材やモチーフ、注意している事やこだわり、などなど飛び交う彫刻談義はとても面白かったです。


お昼は松田さんご夫婦オススメのラーメン屋「雅楽」へ。僕は味噌ラーメンを食べました。なるほど、とてもうまい!僕の自宅からは2時間くらいかかりますが、偶然にも年に数回ほど仕事の関係で近くに行く機会があるのでその際にまたお邪魔してみようと思います。
雅楽・食べログ
c0053436_155682.jpg



c0053436_1273694.jpg浅草へ移動して3人で夕食を。
今日は1日ゆっくりたっぷりと様々なお話ができました。


彫刻談義、そして秋川さんの音楽に対する考え方や表現についてのお話、

今自宅に戻って自分の描きかけの作品を横目に回想しています。







前へ‥。
表現者として、僕も強く成長していきたい。




by unokazu | 2016-08-20 02:17 | art
2016年 08月 16日
「合間」80号の額装
額縁屋さんにお願いしていた額装が完成しました。
アクリル板の映り込みで作品は特に見えづらくなっていますが、全体の感じとしては以下の画像の様になりました。画像では真っ黒な額に見えますが、実際の額縁は表面に燻した銀の加工がされていまして少し柔らかい色味になっています。

c0053436_23392937.jpg
c0053436_1402495.jpg


c0053436_1319066.jpg
「合間」 2015年制作/ 80P(145.5×97.0cmcm)/油彩

この作品を以前美術雑誌に掲載して頂いた際に、合わせて作品コメントも掲載して頂きました。
アートコレクターズ(2015年12月号)
短めの文章になっていますが、よろしければこちらもご参考までにどうぞご覧ください。
c0053436_0322695.jpg
以前の日記でも作品を紹介しています。作品細部の画像も掲載しています。
2015年04月18日の日記




by unokazu | 2016-08-16 13:40 | works
2016年 08月 12日
ムサビ友達との交流
武蔵野美術大学時代からの友人・竹村良訓の展示初日にムサビ友達6人で集まりました。
陶芸家として活動する竹村ことタケ(写真:奥の席中央)は、近年インテリアショップIDEEでの取り扱いや、ファッション誌VOGUEにも取り上げられるなど目覚ましい活躍をしています。
竹村良訓→http://takemurayoshinori.jimdo.com/
IDEE→http://www.idee.co.jp
VOGUE→http://www.vogue.co.jp
今回は新宿伊勢丹(8/23までの展示)とIDEE自由が丘店(常設)で作品を見せてもらいました。
c0053436_14501019.jpg



今回我が家に来る事になったタケ作品。色彩と造形がとても美しく、実用はもちろんのこと並べて飾っても面白い作品です。
c0053436_14503258.jpg
お盆の時期ということもあり、横浜の実家に戻ってきていた友人にも4年ぶり?くらいに会えて嬉しかったです。皆んなすっかり大人になりましたが、それぞれの関係性は当時を彷彿とさせます。それぞれ相変わらず面白い。良い時間でした、ありがとう。

「初心」とも言える空気感、踏みしめて実感していた刺激の数々、それらを肌感覚で留めていることは自分にとってとても大切なことの様に感じます。




by unokazu | 2016-08-12 00:44 | art
2016年 08月 09日
公開講座の様子と教室のご紹介
彩光舎美術研究所にて、公開講座の講師を担当してきました。
彩光舎では、教室を知ってもらう為やどんな先生がどんな指導をするのかを体験してもらう為に、たまに無料の公開講座を開いています。
今回の授業は卯野和宏によるヌードデッサン講座です。


まず鉛筆の使い方や道具の説明、人体の形の取り方などの説明を10分間ほど。続いて実際にモデルさんを見ながら解説を交えてデッサンのデモンストレーションを10分間。焦らずにしっかりと観察しながら、大きな視点で人体を捉えていきます。
c0053436_21571853.jpg



モデルさんのポーズは20分×5回です。短い時間なので納得いくまで描くことは難しかったと思いますが、皆さん集中して描かれていました。
c0053436_2243161.jpg



講評会の様子です。お一人1分ちょっとの時間で質疑応答やワンポイントアドバイスをしていきました。
c0053436_2252451.jpg
c0053436_227781.jpg

ホワイトボードを使いながらの解説。
c0053436_2292572.jpg

c0053436_2285940.jpg
人物を描くことは絵を描くうえではとても勉強になります。初めてヌードデッサンをする方もいましたが、また機会がありましたらぜひ挑戦してみてください。観察力を身につけて、画力の向上と共に日々の暮らしを豊かに広げていって頂ければと思います。

皆さまお疲れさまでした。




さて、ここで宣伝を。
9月から金曜日に新しく卯野クラスが開講します。
このクラスは先の公開講座の様に一同に同じ課題を勉強するのではなく、それぞれのペースと課題で学習を進めていくスタイルになります。鉛筆デッサンを勉強したい方、油彩古典技法を勉強したい方、下地を勉強したい方、それぞれのご希望に対応いたします。1枚の作品をじっくり1年かけて描いてもかまいません。
よろしければどうぞご検討ください。見学も受け付けています。
お問い合わせは以下へ、よろしくお願いいたします。

彩光舎美術研究所
〒 330-0064
埼玉県さいたま市浦和区岸町6-2-1(浦和駅から徒歩10分ほどの場所にあります)
Tel:048-822-9952

→→インターネットでのお問い合わせはこちらより

--------------------------------------------------------------
「初歩の油絵教室」
講師:卯野和宏
第1・3金曜日(月2回)
午後クラス 14:00~16:30   
5.400円/1ヶ月(2回)※入会金 5.000円
--------------------------------------------------------------

以上宣伝でした。
講師のない日は一日中黙々と自分の作品を描いています。絵は難しいですが、僕もなんとか頑張りたいと思います。




by unokazu | 2016-08-09 11:15 | art
2016年 08月 04日
額縁工房へ
先日、お世話になっている額縁屋さんの工房にて額縁の打ち合わせをしてきました。
工房は埼玉県志木市にありまして、僕の自宅からは車を走らせ約1時間ほどの場所にあります。以前は浅草の工房にて親子2代で額縁製作をされていましたが、少し前に息子さんが独立し現在の場所へ拠点を移しました。浅草工房は故・森本草介先生や野田弘志先生らの額縁も手がけている本格的な額縁屋さんで、息子さんの方は若手の作家さんを多く担当しています。

画像に写っている2点の額縁は僕の作品用です。
額縁の色具合や質感などを最終的にどう仕上げるか色々と話し合ってきました。
仕上がりが楽しみです。
c0053436_0231651.jpg
マルカツアートスタジオ内 Atmosphere/アトモスフィア 
担当小林さん  048-487-0123





by unokazu | 2016-08-04 00:13 | art
2016年 08月 01日
呼吸
日本橋三越での個展に制作途中にて出品していた作品です。
その後作品を完成させ額装し、先日日本橋三越へ納めてきました。

「呼吸」/4S(333×333mm)/2016/油彩
c0053436_11321361.jpg

※額装写真
c0053436_2026485.jpg
「呼吸」と題した作品は今までに何点か描いていますが、作品のイメージとしては「雲海の下」と題したシリーズの作品と近い感覚が基になっています。一つの在り方を外から捉えた感覚が「雲海の下」、内側から捉えた感覚が「呼吸」という作品のシリーズです。端から見るとあまり大差はないかもしれませんが、僕にとってはとても重要な違いです。




少し前のことになりますが、「雲海の下」という作品をアートコレクターズ7月号に掲載して頂いた際に、作品のイメージについてちょっとした文章を書きました。
しかしながら言葉で捉えたイメージは絵そのものの全てではありません。絵の世界は見てくださる人の中でさらに育ててもらえたら幸いなんだと思います。
c0053436_2335890.jpg
※月刊アートコレクターズ 2016年7月号 p.21より







by unokazu | 2016-08-01 22:33 | works


    


(c) Kazuhiro Uno.All rights reserved.