<   2018年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2018年 08月 28日
「リオンソー ルネサンス 2018」展 出品作品

■会期 2018 8/29(水)-9/3(月)
■会場 日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊(TEL:03-3241-3311)
※(在廊は9月2日15時〜夕方くらいまでを予定しています)

ぜひお越しください。

c0053436_12432723.jpg
「雲海の下」12M(410×606mm)/油彩/2018



c0053436_12512150.jpg
いつもお世話になっている額縁工房にて。作品と額縁をセッティングしていただいた状態の写真です。

日本橋三越さんへの納品も済み、あとは展示を待つのみです!




by unokazu | 2018-08-28 13:30 | works
2018年 08月 19日
「リオンソー ルネサンス 2018」展
c0053436_21270237.jpg「リオンソー ルネサンス 2018」展
■会期 2018 8/29(水)-9/3(月)
■会場 日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊(TEL:03-3241-3311)

47名が出品する夏の展覧会に今年も参加します!

卯野和宏は「雲海の下」と題する12号の作品を1点出品いたします。

なお、卯野作品の販売方法は抽選になるとのことです。その件、ウェブカタログにも記載がありますが、こちらの日記でも掲載いたしました。何卒ご確認ください。

↓ウェブカタログはこちらより。各出品作品と発表価格を見ることができます。
c0053436_21471655.jpg
c0053436_21554376.jpg
c0053436_21570187.jpg
実は‥卯野作品は図録制作の締め切りに作品が間に合わず、図録不掲載になっています。当初より三越さんには図録不掲載での出品をご了承いただいていましたので‥、この様な感じになっています。様々な日程が常にギリギリでして‥、ご理解いただける皆様方には感謝しております。そして申し訳ないです。作品は完成次第、画像を三越さんへ提出するつもりです。

作品に関してはもちろん全力を尽くします。


この夏いかがお過ごしでしょうか。
僕は自宅で独り黙々と猛烈に制作を続けています。リオンソー出品作品12号は95%ほど、完成まであと少し!!(別件で同時に少し大きな作品にも筆を入れていますが、こちら90%の進行具合)
アトリエではドタバタです。妻と子供二人は、妻の実家に帰省中。毎日楽しそうな写真が送られてきますが‥、子供達の思い出に僕は居ない(涙)。

毎年のお盆、飲み会に誘ってくれる地元の友達たちもありがとう。毎年こんな感じで帰省できず。。




by unokazu | 2018-08-19 01:04 | art
2018年 08月 10日
暑気払い


c0053436_14490425.jpg彫刻家・加藤巍山(ギザン)さんの旗振りにより、様々なジャンルで活躍している美術家達の集いが実現しました。
特に手仕事を主とする作家は内に篭って黙々と作品と向き合う傾向があるので、仕事柄、人と会う機会は比較的に少ないのではないかと思われます。僕も独身時代は一週間以上誰とも喋らない‥ということが度々ありました(わずかに喋るのはコンビニの店員さんくらい、とか。画商さんから進捗状況の電話が来るだけ、とか)。この様な暮らしを続けていると知らず知らずに外側へ意識を向けることがだんだんと鈍く重くなってきてしまうんですよね‥。
美術の仕事をしている方々の話で「あえて講師の仕事をすることで外部との接触を保つ様にバランスを取っている」という考え方も度々聞きます。
ギザンさんは彫刻家であり仏師でもありますが、仏教を通した多くの方々との交流もある様で、人とのご縁を大切にし、またそれをとても楽しみにされている印象があります。外側へ意識を向けることが自然体なギザンさんならではの交流会だったかもしれません。

僕はたまたまギザンさんと自宅が近いこともあり以前から頻繁に交流を持たせていただいております。この集いは10数年以上のキャリアがある30代40代の中堅作家が多く、中には世界的に活躍されている方も居たりで、面白い話も色々聞くことができました。大変刺激になりました。(ギザンさんありがとうございました!)



参加メンバー
浅香 弘能(現代美術・石彫)/上原 万征(根付)/ 内田すずめ(絵画)
卯野 和宏(絵画)/ 加藤 巍山(仏師)/ 金巻 芳俊(彫刻)
上路 市剛(現代美術)/ 川崎 晶平(刀匠)/ 木村 佳代子(絵画)
木村 了子(絵画)/ 齊藤 秀樹(彫刻)/ 諏訪 敦(絵画)
高橋賢悟(現代美術・鋳金)/ 田口由花(絵画)/ 富山 隆太(ウェブデザイン)
増田 敏也(現代美術・陶芸)/ 満田 晴穂(自在置物)/ 森 天飛(絵画)
※敬称略
c0053436_14492769.jpeg
※諏訪敦さん(武蔵野美術大学教授)の話を皆んなで熱心に聞いているところです。
(写真:増田さんのツイッターより)



c0053436_14492287.jpeg
最後は皆んなで集合写真。
気をつけなければならないのが「凄い活躍をしている方に会うことで、自分自身が一瞬で同様になれる訳ではない」ということ。
アトリエに戻れば描きかけの作品は変わらずに未完成のままです。一筆一筆積み重ねて先に進めるのは自分。

大いなる可能性を知ることができたことに感謝しつつ、意識を高め広げ、力強く進んでいきたいと思います。




by unokazu | 2018-08-10 21:57 | art


    


(c) Kazuhiro Uno.All rights reserved.