<   2019年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2019年 12月 21日
【HANDS -台風19号・豪雨災害支援チャリティ展】

◆2019年12月26日(木)〜29日(日)

新宿高島屋10階 美術画廊 ※最終日は午後4時閉場。TEL:03-5361-1111

※今展の売上の一部は、出品作家を通じ日本赤十字社に寄付されます。

【HANDS -台風19号・豪雨災害支援チャリティ展】_c0053436_21150760.jpg
仏師であり彫刻家の加藤巍山さんのお声掛けの元、約20名の作家が集いチャリティー展を開催する運びとなりました。

〔出品作家〕
秋山 隆(木彫)/浅香弘能(石彫)/石黒賢一郎(洋画)

板坂 諭(建築家、デザイナー)/鵜飼義丈(日本画)/卯野和宏(洋画)

加藤巍山(仏師)/小曽川瑠那(ガラス)/清家正信(写真)

鈴木祥太(金工)/高橋賢悟(鋳金)/鶴田美香子(紙・現代アート)

服部しほり(日本画)/波戸場承龍(紋章上絵師)/増田敏也(陶芸・現代アート)

森 天飛(鉛筆画)/矢部俊一(備前焼)/吉野貴将(漆芸)


この度の展示タイトルはHANDS、手です。怪我をした時などに痛みのある箇所に手を当てる行為「手当て」には実は遠赤外線が出ていて単なる気持ちの問題だけではない効果があった‥などといった記事を見かけたことがあります。手当てと同様に手という言葉が入る「手仕事」「作り手」について昨今思うことがあります。例えば絵画などにおける一筆一筆、まるで血液を一滴一滴注ぎ込む様な仕事には実は(非科学的と言われる様な)不思議な力が宿り何かしらのエネルギーを発しているのではないか‥と偉大な作品を前に強く感じることがあります。かつては神話として語られていたものが自然科学として証明されていった歴史の様に、古い時代から連綿と続く美意識や芸術行為には実は凄いことが隠されていた‥ということがあるのではないだろうか。必ずしも全てのことが数字で証明されるべきだとは思ってはいませんが、科学が芸術の無意味さを暴くのではなく、むしろその存在の意義を証明する日が来るのではないだろうか‥という想像をしています。不思議な力を操る仕事‥シャーマンの様な話になってしまいますが、芸術の仕事はあながち遠からずかもしれません。

作品を介して伝わるもの。先の「手当て」の遠赤外線の話ではありませんが、高純度の熱を伝えるというイメージが僕の画家という仕事に対しての向き合い方です。作り手として出来ることは一体何なのか。この度のチャリティ展に参加させていただくことで、僕にどれほどのことが出来るのかはわかりませんが、前向きな何かしらのエネルギーに関われたとしたら幸いに存じます。


卯野和宏の出品作は2点です。油絵を描く時にも色面を意識しながら描いていますが、薔薇とクレパスの融合により色彩が一層強く表出した絵となりました。

【HANDS -台風19号・豪雨災害支援チャリティ展】_c0053436_21583517.jpg
「バラ」・3S(273×273mm)/クレパス・紙・パネル


【HANDS -台風19号・豪雨災害支援チャリティ展】_c0053436_21585113.jpg
「バラ」・SMS(227×227mm)/クレパス・紙・パネル

【HANDS -台風19号・豪雨災害支援チャリティ展】_c0053436_22065089.jpg
※額装写真です。

【HANDS -台風19号・豪雨災害支援チャリティ展】_c0053436_22073120.jpg
クレパスという画材です。



by unokazu | 2019-12-21 00:10 | works


    


(c) Kazuhiro Uno.All rights reserved.