2018年 08月 10日
暑気払い


c0053436_14490425.jpg彫刻家・加藤巍山(ギザン)さんの旗振りにより、様々なジャンルで活躍している美術家達の集いが実現しました。
特に手仕事を主とする作家は内に篭って黙々と作品と向き合う傾向があるので、仕事柄、人と会う機会は比較的に少ないのではないかと思われます。僕も独身時代は一週間以上誰とも喋らない‥ということが度々ありました(わずかに喋るのはコンビニの店員さんくらい、とか。画商さんから進捗状況の電話が来るだけ、とか)。この様な暮らしを続けていると知らず知らずに外側へ意識を向けることがだんだんと鈍く重くなってきてしまうんですよね‥。
美術の仕事をしている方々の話で「あえて講師の仕事をすることで外部との接触を保つ様にバランスを取っている」という考え方も度々聞きます。
ギザンさんは彫刻家であり仏師でもありますが、仏教を通した多くの方々との交流もある様で、人とのご縁を大切にし、またそれをとても楽しみにされている印象があります。外側へ意識を向けることが自然体なギザンさんならではの交流会だったかもしれません。

僕はたまたまギザンさんと自宅が近いこともあり以前から頻繁に交流を持たせていただいております。この集いは10数年以上のキャリアがある30代40代の中堅作家が多く、中には世界的に活躍されている方も居たりで、面白い話も色々聞くことができました。大変刺激になりました。(ギザンさんありがとうございました!)



参加メンバー
浅香 弘能(現代美術・石彫)/上原 万征(根付)/ 内田すずめ(絵画)
卯野 和宏(絵画)/ 加藤 巍山(仏師)/ 金巻 芳俊(彫刻)
上路 市剛(現代美術)/ 川崎 晶平(刀匠)/ 木村 佳代子(絵画)
木村 了子(絵画)/ 齊藤 秀樹(彫刻)/ 諏訪 敦(絵画)
高橋賢悟(現代美術・鋳金)/ 田口由花(絵画)/ 富山 隆太(ウェブデザイン)
増田 敏也(現代美術・陶芸)/ 満田 晴穂(自在置物)/ 森 天飛(絵画)
※敬称略
c0053436_14492769.jpeg
※諏訪敦さん(武蔵野美術大学教授)の話を皆んなで熱心に聞いているところです。
(写真:増田さんのツイッターより)



c0053436_14492287.jpeg
最後は皆んなで集合写真。
気をつけなければならないのが「凄い活躍をしている方に会うことで、自分自身が一瞬で同様になれる訳ではない」ということ。
アトリエに戻れば描きかけの作品は変わらずに未完成のままです。一筆一筆積み重ねて先に進めるのは自分。

大いなる可能性を知ることができたことに感謝しつつ、意識を高め広げ、力強く進んでいきたいと思います。




# by unokazu | 2018-08-10 21:57 | art
2018年 07月 05日
展示終了しました。
東京会場の春風洞画廊、大阪会場の阪急うめだ本店の2会場を巡回した「安彦文平・卯野和宏 油彩画二人展」は会期終了いたしました。お越しくださった皆様誠にありがとうございました。

※春風洞画廊より(会期:5月31日〜6月9日)
c0053436_17161660.jpg


c0053436_17095961.jpg

※阪急うめだ本店より(会期:6月20日〜26日)
c0053436_17405475.jpg
c0053436_17480799.jpg

※阪急うめだ本店にて、ギャラリートーク(6月23日14時より)
c0053436_17550367.jpg
c0053436_17551272.jpg
ギャラリートークの数日前に大阪で大きな地震がありました。水道やガスなどのインフラがまだ復旧していないエリアもあったそうです。安彦さんは東日本大震災を宮城県内で体験したこともあり、イベントの冒頭にその話にも触れていました。
イベントでは、それぞれの絵画のスタイルについて、勉強してきたこと、影響を受けた画家などの話をしました。約1時間のトークショーでしたが、最後の質疑応答の際には積極的に質問をしてくださった方が多かったのでとても嬉しかったです。こうした交流の機会が皆様と作品とをつなぐ良い橋渡しになれば‥幸いです。
地震のこともあり大変な最中ではありましたが、ご来場ならびにお集まりいただきました皆様誠にありがとうございました。




「蒼茫」6S(410×410mm)/油彩/2018 ※額装写真
c0053436_00215873.jpg

「黄色の陶器」SMS(227×227mm)/油彩/2018 ※額装写真
c0053436_00311295.jpg




# by unokazu | 2018-07-05 15:57 | works
2018年 05月 30日
二人展のお知らせ
安彦文平・卯野和宏 油彩画二人展

■5月31日(木)〜6月9日(土)※会期中無休です
・平日10時〜18時半・土日10時〜17時
■会場:春風洞画廊(東京都中央区日本橋3-8-10)

卯野和宏は新作11点の出品です。

在廊日は以下になります。
卯野
5月31日(木)13時〜
6月1日(金)13時〜

安彦さん
6月1日(金)午後〜
6月2日(土)午後〜

c0053436_00394849.jpg
c0053436_00394416.jpg
なお、この展覧会は阪急うめだ本店へと巡回します。
■6月20日(水)〜26日(火)
■会場:阪急うめだ本店(大阪府大阪市北区角田町8-7)
■6月23日14時より、安彦さんと卯野によるトークショーを予定しております。
大阪会場での在廊日は両者ともに23日午後からのみになります。

以上どうぞよろしくお願いいたします。




# by unokazu | 2018-05-30 00:55 | art
2018年 05月 08日
創と造2018
c0053436_18553191.jpg日本画、洋画、工芸、約130名による新作巡回展が今年も始まっています。

東京会場4月展と京都展は終了しています。ご覧くださった皆様方、誠にありがとうございました。展示はまだまだ続きます。

これからの巡回先は以下になります。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。どうぞよろしくお願いいたします。

c0053436_18541502.jpg


「創と造2018」展に出品している作品です。
c0053436_18424762.jpg
「蒼茫」15F(652×530mm)/油彩/2018


額装の写真は京都会場より。
c0053436_18480758.jpg
額縁は額装家の方と話し合いながら決めたデザインです。




# by unokazu | 2018-05-08 19:10 | works
2018年 04月 28日
鉛筆画2点の書店展示
「創と造 2018」展は各都市への巡回が始まっています。
5月31日から春風洞画廊にて始まる2人展の会期も近づいてきました。僕は2人展に向けた作品制作の為、完全なる缶詰状態。全く外にも出られず、「創と造 2018」展の自分の作品も観に行けませんでした‥。
「創と造 2018」展の4月東京会場展は終わってしまいましたが、5月の東京会場展を観に行こうと思っています(同じ展示が各都市を巡回しますが、東京会場は4月と5月に展示があります)。

さて、日記の更新がかなり停滞しておりますが、著書のイベントのお知らせがあります。

c0053436_16032647.jpg
著書『美しい女性を描く』刊行を記念し、原画展を開催することになりました。
本書収録の鉛筆画作品2点、クロッキー画の印刷パネル6点の展示をしています。
■会期:4月26日〜5月27日
■会場:渋谷モディ6F HMV&BOOKS SHIBUYA アートコーナー





c0053436_15545681.jpg
c0053436_15582503.jpg
c0053436_15571204.jpg
お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください!どうぞよろしくお願いいたします。

↓書籍はAmazonからもお求めになれます。





# by unokazu | 2018-04-28 16:21 | art
2018年 03月 10日
書籍作りの話
c0053436_02132116.jpg3月28日発売の著書の印刷に立ち会いました。

著者: 卯野和宏
単行本: 128ページ
出版社: マール社
発売日: 2018/3/28
商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 1 cm

↓Amazonにて販売予約受付中です。


意見を交わしながら、最終的な色の出方を慎重に進めていきました。特に表紙のカバーは艶加工が施されるので、紙に印刷した状態と、その後に艶を出した状態では色味がガラッと変わってしまうところが難しい。
c0053436_15255886.jpg
もう少し赤を、もう少し黄色を、もう少し明るく‥、微調整の連続によって全員納得の状態に仕上げていきました。
c0053436_15284709.jpg

本書は画集としてもお楽しみいただけます。
2018年作の新作もなんとか締め切りに間に合いまして収録することができました。
c0053436_15290963.jpg
油彩ギャラリーの色確認も慎重に。本画の色調を知っているのは作者だけなので、やはり立ち会いは重要です。
c0053436_16075953.jpg

c0053436_15295427.jpg
印刷された紙の山。パソコンに向かって文字をひらすら打っていた時間が思い出されます。感慨深い‥。

この日の印刷立会いにて、僕の担当分の作業は全て終わりました。
あとは発売を待つのみです!




# by unokazu | 2018-03-10 16:19 | art
2018年 03月 02日
書籍出版のご紹介
c0053436_02132116.jpg
2017年8月4日の日記で書いた話の続きです。)

昨年から度々日記でもご紹介していましたが、この度マール社さんのご依頼により執筆していた著書がいよいよ発売間近となり、予約販売がスタートしました。ぜひお手にとってご覧いただきたいです。

著者: 卯野和宏
単行本: 128ページ
出版社: マール社
発売日: 2018/3/28
商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 1 cm


↓マール社のウェブサイトからお求めになれます。

↓Amazonからもお求めになれます。

出版社さん側の企画(書籍のコンセプト、表題、紙面構成など)をもとに、鉛筆画2点の制作、及び執筆をさせていただきました。
デッサンの技術をまとめた書籍は多数ありますが、その技術でどこへ向かうのかを紹介している書籍はほとんど見かけません。どこへ向かい、どの様な表現をするのかは各自に任される部分が大きいので書籍としてまとめるのがとても難しいのだと思われます。質感を出すテクニックや立体的に描くテクニックの様な明確な答えだけをまとめた書籍ではなく、技術の紹介とともに一作家の思考が多数まとめられた珍しい書籍です。本書は鉛筆画がメインとなっていますが、巻末の方にて油彩画14点(2点未発表の新作)の掲載もあります。

絵画教室等にてデッサンの技術を磨いている方が、次なるステップとして市展、県展、公募展などに挑戦してみたいと思うことは多いのではないでしょうか。技術の発表としてではなく、表現として作品を発表するためのアプローチの一例として、本書を参考にしていただけましたら幸いです。


以下の画像は、マール社のウェブサイト及びAmazonにてサンプルページとして掲載されています。(※Amazonのサイトですと、少し大きな画像が掲載されているので文章を読むことができます。)
c0053436_02110779.jpg
c0053436_02095162.jpg
c0053436_02374238.jpg
c0053436_02391465.jpg
c0053436_02404327.jpg
c0053436_02425628.jpg


# by unokazu | 2018-03-02 18:11 | media


    


(c) Kazuhiro Uno.All rights reserved.